サプリメントは薬ではない

サプリメントは薬ではないので、大量に飲んでも大丈夫と思っている人もいるようですがそれは間違いです。例えば、ビタミンAやDの過剰摂取は健康障害につながると言われます。また妊娠中のビタミンAの摂取は胎児に悪い影響を及ぼすとも言われているので注意が必要です。

また鉄分のサプリメントは、タンニンという成分が含まれるお茶やコーヒー、紅茶と一緒に摂ると鉄分の吸収を防いでしまいます。
サプリメントは水かぬるま湯で飲むのが鉄則です。

サプリメントは食品なので、基本的にはいつ飲んでもOKです。特に記述がなければ胃を荒らすのを避けるという意味で、「食後30分以内」に飲むのがオススメです。
ただし、脂肪燃焼効果のあるカルニチンやアミノ酸などは運動する30分前や、朝食後などに摂ると効果的です。

サプリメントが薬ではないと言っても、薬との相性には注意が必要となります。
中には薬物の分解を促すものもあるので、強心薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・免疫抑制剤などと併用するのは控えましょう。

星の数ほどあるサプリを選ぶ基準として、基本的なポイントをあげてみましょう。
1.原料の記載があり、天然素材であること。
2.成分が単位で(㎎、IU、など)記載がある。
3.加工方法の記載がある。
4.目的に応じて適切な量の栄養成分が含まれている。
5.天然素材で丁寧に作られている物はそれなりの価格。

以上のようなポイントを押さえてサプリ選びをしてください。口コミや商品の宣伝での個人の体験談というのは、自分とは違うということを忘れないように、あくまでも自分に合ったサプリ選びをすることが大切です。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.

There are no comments yet, be the first to say something


Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>