青汁の原材料と種類

一口に青汁と言っても、その原材料は様々です。

私が飲んでいたのはケールが主原料の青汁でした。

ケールはキャベツが広がったような見た目で、その歴史はキャベツよりも古いそうです。

栄養面でもキャベツより優れていて、

ビタミンやミネラルだけでなく、フラボノイドやクロロフィル、酵素などが多く含まれています。

ケールは他の野菜と比較して、一つの栄養素が飛び抜けているわけではなく

色々な栄養素がバランス良く含まれているのが魅力です。

普段からあまり野菜を摂る習慣がなく野菜不足の人にオススメです。

 

他によく見かけるのが大麦若葉の青汁です。

大麦若葉はその名の通り大麦が穂をつける前の若い葉のことで、

食用の野菜ではありませんが、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。

また、大麦若葉はカルシウムが牛乳の3倍で

不足しがちな鉄分も他の野菜に比べて多く含まれています。

そして大麦若葉はその味にも定評があります。

濃い抹茶のような味で野菜っぽさが少ないので、青臭いのが苦手な人には飲みやすいようです。

 

それ以外では、明日葉の青汁も多くあります。

明日葉の名前の由来は、ちぎっても明日には新しい葉が生えてくるという意味で

そのくらい生命力に溢れた葉だということです。

もちろん明日葉もビタミンとミネラルのバランスに優れています。

明日葉は少し苦味があるので好みが分かれるところですが、栄養バランスにおいてはケールを上回るとも言われています。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.
You can leave a response, or create a trackback from your own site.

There are no comments yet, be the first to say something


Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>