サプリメントは薬ではない

サプリメントは薬ではないので、大量に飲んでも大丈夫と思っている人もいるようですがそれは間違いです。例えば、ビタミンAやDの過剰摂取は健康障害につながると言われます。また妊娠中のビタミンAの摂取は胎児に悪い影響を及ぼすとも言われているので注意が必要です。

また鉄分のサプリメントは、タンニンという成分が含まれるお茶やコーヒー、紅茶と一緒に摂ると鉄分の吸収を防いでしまいます。
サプリメントは水かぬるま湯で飲むのが鉄則です。

サプリメントは食品なので、基本的にはいつ飲んでもOKです。特に記述がなければ胃を荒らすのを避けるという意味で、「食後30分以内」に飲むのがオススメです。
ただし、脂肪燃焼効果のあるカルニチンやアミノ酸などは運動する30分前や、朝食後などに摂ると効果的です。

サプリメントが薬ではないと言っても、薬との相性には注意が必要となります。
中には薬物の分解を促すものもあるので、強心薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・免疫抑制剤などと併用するのは控えましょう。

星の数ほどあるサプリを選ぶ基準として、基本的なポイントをあげてみましょう。
1.原料の記載があり、天然素材であること。
2.成分が単位で(㎎、IU、など)記載がある。
3.加工方法の記載がある。
4.目的に応じて適切な量の栄養成分が含まれている。
5.天然素材で丁寧に作られている物はそれなりの価格。

以上のようなポイントを押さえてサプリ選びをしてください。口コミや商品の宣伝での個人の体験談というのは、自分とは違うということを忘れないように、あくまでも自分に合ったサプリ選びをすることが大切です。

酵素ダイエットに+α して相乗効果があるもの

どうせ痩せるならキレイに痩せたいもの。

今、世間が知りたいダイエット法は、昔とは違ってただ痩せればいいだけじゃない。
バストアップダイエットや、若返りダイエットなど・・。
一石二鳥になるものが流行ってます。
みんな欲張りなんですねー(´∀`*)

それで今、どんなダイエットが流行っているかといえば、圧倒的に
「 酵素ダイエット 」です!!

聞いたことありますかー?
気にしていると、TVや雑誌、ラジオなどあらゆるメディアで商品やその効果などが紹介されてますが、

酵素と言うのは、簡単に言えば、食べたものの消化を助け、代謝を促す働きがあるもの。
人は酵素がないと生きていけませんが、残念ながら体内にある酵素は加齢によって減っていってしまうもの・・
「 若い頃より痩せにくくなった・・!」 と言われる方が多いのは、実は酵素が不足している事が一因になっているようです。

そこで酵素ドリンクを飲むと、カラダの中で酵素が満たされ、若いころの様な、痩せやすい体質になっていくので、とっても自然な流れで痩せられるんです。

でも、酵素の力はこれだけではありません。
世間が求めているような、バストアップしながら・・ アンチエイジングしながら・・ 健康的に・・
という欲張りダイエットも実現する役割もこなすスグレモノなんです!

バストアップに必要な栄養素といえばタンパク質で、女性ホルモンの分泌を促し豊かな胸をつくるためには重要な栄養素ですが、
タンパク質が豊富に取れ、ダイエットに最適な食品といえば
主に納豆、大豆、豆腐、味噌・・などが挙げられます。

酵素はこれらの発酵食品と相性が抜群で、相乗効果が期待できるんです!!
納豆や大豆などの発酵食品は、もともと消化や栄養補給の効率が良く、腸内環境を整え、健康にも良い。 酵素も発酵食品の一つで、便秘によいと言われています。
毎日の食習慣に積極的にこれらの発酵食品を摂り入れることで、バストアップしながらダイエットが望めます。

そして、痩せながらキレイに若返りたい!という方は、日々の睡眠を振り返ってみましょう。
一般的に22時から午前2時までの間に飲食すると、体内の肥満物質BMAL1(ビーマルワン)が増えて太りやすいとわれている他、この時間帯は美肌のゴールデンタイムと言われており、この時間に眠っていないと成長ホルモンがしっかり分泌されずにシミや肌荒れなどの原因になってしまうようです。
酵素も、実はアンチエイジングの働きを持っており、抗酸化作用があると言われています。
人体に有害と言われる活性酸素の働きを抑え、シワやたるみといった老化現象を防ぐ役割もあるそうです。

酵素ドリンクを飲んで、毎日の生活習慣に少し+αを取り入れれば、効果が2倍にも3倍にもなるので、是非やってみましょう!

えがお

いろんなサプリメントを扱っている「えがお」も青汁を製造販売しています。ここの青汁の特徴は素材の種類と飲みやすさでしょう。
原料には、他のメーカーでもよく使われている大麦若葉を始め、長命草、発酵黒生姜を配合しているのです。こんな原料の青汁はなかなかありません。青汁は人により、効果が違いますから、この原料の「えがお」の青汁に合う方には、大変有効なものとなることでしょう。自然の原料を使用していますから、大自然の味を体感できますよ。美味しいと言う評判が結構あるのも「えがお」の青汁の特徴と言えるでしょう。毎日飲み続けるためには、時には牛乳で溶かしたり、お茶で溶かしたりして変化を付けると飽きが来なくていいかもしれませんね。この「えがお」の青汁は
一般店舗では販売されていません。通販専門で売られています。インターネットから簡単に注文できます。「えがお」では時々キャンペーンをしますから、そのタイミングで注文すると、大変お得です。1日100円程度で飲むことができるでしょう。キャンペーンにより若干違いますが、えがおの青汁を初めて定期購入する方に対するキャンペーンでは、「えがおのビタミンE」20日分が無料で届けられる、というものがあります。このキャンペーンで、青汁とともに一緒にビタミンEを摂取することで、より健康的な体になることができるのです。いろんなサプリメントを販売している「えがお」ならではのサービスと言えますね。青汁だけでもいいのですが、それだけではある意味偏った栄養の補給となります。青汁では補えない栄養素をサプリメントで摂取することで、より完全な栄養補給に近くなるわけです。野菜不足以外にも、気になることがある方などは、えがおの青汁とともに、自分が欲しい効果が期待できるサプリメントを一緒に飲むことをおすすめします。

 

青汁のコスト

青汁はその種類や会社によって値段が異なります。

毎日続けることで効果が得られるものなので、

やはりずっと買い続けられる価格なのかという事も重要になってきます。

コストを気にして1日2杯飲むところを1杯にしてみたり2日で1杯にしたりしては、

せっかくの青汁効果が期待するほど得られなくなってしまいます。

 

青汁は、大体初回はお得仕様になっていて

お試し価格だったりプレゼントが付いていたりするので

初めはどれも手が出やすいと思います。

それを利用して色んな青汁を試してみて決めるというのもいい方法かもしれません。

 

青汁の平均的な価格は2000円~4000円くらいです。

安いからといって効果が薄いわけではありませんが、

いくら安くても自分の体に合った青汁でなければ期待した効果は得られません。

値段に関係なく自分の体調と相談して選ぶのがポイントです。

また、青汁は定期購入できる会社が多くあります。

定期購入だと送料が無料になったり価格が割引されるので、毎日続けたいならおすすめです。

ただ定期購入するには条件として「◯ヶ月以上続けないと解約できない」

などの取り決めがされている場合もあるので注意が必要です。

青汁ダイエット

青汁にはダイエット効果があると言われています。

ただ、一食を青汁に置き換えたり飲むだけで痩せるダイエット薬のような効果はありません。

青汁にバランスよく含まれている栄養素が代謝を良くしたり、

老廃物を取り除いてむくみを解消してくれるので、結果的に痩せやすい体になるのです。

 

青汁はあくまで健康補助という役割なので、食事は3食きちんととらなければいけません。

青汁を飲んでいるからと言って1食分抜いてしまったりするのは

返って太りやすい体を作る原因にもなります。

 

私が青汁を飲んでいた時は、ダイエットが目的ではなかったのですが

毎日お通じが良くて肌荒れもしなくなり、ストレスがなくなりました。

お腹の調子が良くなったことで、まずお腹まわりのぽっこり感がなくなって

体が軽くなったような感じがしたのです。

体重にはそれほど変化は現れませんでしたが、ウエストは細くなっていました。

 

青汁ダイエットをする人は間食代わりに青汁を飲んだり

ご飯の前に飲んでお腹を膨らませたりして、1日の摂取カロリーを抑えているようです。

青汁は健康的に痩せられるので、今とても注目されています。

青汁の飲み過ぎは危険?

とても健康にいいと言われている青汁ですが、

決められた目安以上の青汁を摂取すると逆に体調を崩してしまいます。

「野菜だったらいくら食べても大丈夫」と思っている人が意外に多いですが、

健康にはたくさんの栄養がバランス良く摂られていることが大切です。

その為、ひとつの栄養を過剰に摂取すると栄養が偏ってバランスが崩れてしまうのです。

 

一日あたりに摂取する栄養の量は、

炭水化物は◯グラム、タンパク質は◯グラム、食物繊維は・・・ビタミンは・・・という風に

望ましい目安量が定められているのです。

 

青汁を一日に飲む量は2杯ぐらいが適量で、

それ以上飲むとお腹がゆるくなってしまったりと様々な不調を引き起こす可能性があります。

私も健康にいいんだからと1日に4杯くらい飲んでしまったことがありました。

でも決められた量を飲むのが一番健康にいいんだと気づいて、それからはちゃんと守っています。

また、毎日続けることが大切なので

数日分をまとめて飲んでも、毎日続けたのと同じ効果が得られるわけではありません。

青汁の原材料と種類

一口に青汁と言っても、その原材料は様々です。

私が飲んでいたのはケールが主原料の青汁でした。

ケールはキャベツが広がったような見た目で、その歴史はキャベツよりも古いそうです。

栄養面でもキャベツより優れていて、

ビタミンやミネラルだけでなく、フラボノイドやクロロフィル、酵素などが多く含まれています。

ケールは他の野菜と比較して、一つの栄養素が飛び抜けているわけではなく

色々な栄養素がバランス良く含まれているのが魅力です。

普段からあまり野菜を摂る習慣がなく野菜不足の人にオススメです。

 

他によく見かけるのが大麦若葉の青汁です。

大麦若葉はその名の通り大麦が穂をつける前の若い葉のことで、

食用の野菜ではありませんが、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。

また、大麦若葉はカルシウムが牛乳の3倍で

不足しがちな鉄分も他の野菜に比べて多く含まれています。

そして大麦若葉はその味にも定評があります。

濃い抹茶のような味で野菜っぽさが少ないので、青臭いのが苦手な人には飲みやすいようです。

 

それ以外では、明日葉の青汁も多くあります。

明日葉の名前の由来は、ちぎっても明日には新しい葉が生えてくるという意味で

そのくらい生命力に溢れた葉だということです。

もちろん明日葉もビタミンとミネラルのバランスに優れています。

明日葉は少し苦味があるので好みが分かれるところですが、栄養バランスにおいてはケールを上回るとも言われています。

青汁を飲んで実感した効果

青汁を一ヶ月お試しで飲んでみて実感したのは、

まずお腹の調子がすごく良くなったことです。

元々消化不良を起こしやすく、ちょっと食べ過ぎるとすぐにお腹が痛くなる私でしたが

青汁を飲み始めてからはお通じも良くなって腹痛とはほぼ無縁になりました。

お通じが良くなると肌の調子も変わってきて、なんとなく化粧ノリが良くなったような気がします。

青汁を飲んでいない時よりも肌荒れが治るのが早かったと思います。

 

青汁の効果で期待される事のひとつにアンチエイジングがあります。

ビタミンやミネラルによる抗酸化作用が老化を防いだり、シワやシミを目立たなくするそうです。

私は一ヶ月しか試さなかったのでこの効果は実感できませんでしたが、

肌にはとても良かったので、続けてたらアンチエイジングの効果がでていたかもしれません。

旦那にも飲んでもらっていたのですが、

仕事のストレスから増えてたニキビが青汁を飲み始めてから減っていました。

 

一日でとる理想的な野菜の量は、

緑黄色野菜は120~160g、その他の野菜は240~280gほどとされています。

これだけの量を食事だけで摂取するのは大変ですよね。

青汁だとたった1~2杯で十分な野菜の栄養がとれてしまうんです。

自分が野菜嫌いで野菜不足が深刻だったので

飲んでいる間はすごくバランスよく野菜の栄養がとれているのが嬉しかったです。

青汁料理

青汁はただ溶かして飲むだけでなく、

色々な料理にアレンジして摂取することもできます。

私が飲んでいたのは粉末タイプだったので簡単に混ぜることができました。

 

青汁を料理に入れてみようと思ったのは、

ずっと水や牛乳で飲んでいると飽きてしまって飲むのが嫌になったからです。

ネットでレシピを調べてみると、意外にたくさん青汁を使った料理がありました。

青汁は加熱しても栄養成分はほとんど変わらないとも書かれてあったので

安心して色んなアレンジレシピを試してみました。

 

やはり多いのはお菓子です。

ホットケーキやパウンドケーキ、クッキーなどに混ぜて作ります。

見た目も味も完全に抹茶のお菓子です。

甘いものと一緒に口にすることで、青汁の青臭さや苦味が苦手な人でもおいしく摂取できます。

 

他にもグラタンにしたりカルボナーラに混ぜたり、

比較的味が濃い目の料理と相性がいいと思います。

私はグラタンもカルボナーラも作ってみましたが

青臭さが逆にホワイトソースに合っていてとてもおいしかったです。

初めての青汁

今まではいくら体に良いと言われても、

どうしてもまずそうなイメージが大きくて飲めなかった青汁。

ですが、飲みやすい・・・というかむしろ美味しいみたいなCMに惹かれて

キューサイのはちみつ青汁を試してみました。

 

はちみつ青汁はスティックタイプで、

粉末と水or牛乳を専用のシャカシャカカップでしゃかしゃか混ぜて飲みます。

私は一番最初はちょっと恐かったので牛乳で試しました。

しゃかしゃか混ぜるのが意外に楽しいです。

混ぜていくとみるみるうちに抹茶ソフトクリームのような色に・・・

 

グラスに移してまず匂いを嗅いでみました(笑)

当たり前だけど青臭い匂いです。野菜嫌いには辛い。

そして恐る恐る一口飲んでみました。

「あれ?おいしい??」

牛乳で混ぜたからなのかちょっと甘くて本当に抹茶ソフトのような味でした!

これなら一ヶ月どころかずっと続けられそう。

牛乳がない時は水を混ぜて飲んでいたのですが

牛乳に比べるとやっぱり飲みづらいというか、野菜感が強くて私は苦手でした。

口コミなんかを見ても同じような意見が多かったです。